Q.介護保険制度の仕組みついておしえてください。 
A.概略は次のとおりです。
  ●介護保険の運営を行う保険者は各市町村です。
  ●65歳以上の方は第1号被保険者となり、介護保険料を市町村に支払います。
  ●40歳から64歳の方は第2号被保険者となり、介護保険料を医療保険料と一緒に支払います。
  ●介護や支援が必要な状態になったときは、要介護認定の申請を市町村(保険者)にします。
  ●認定された要介護度に応じて、それぞれの限度額の範囲内で介護保険のサービスを選択して利用します。
  ●在宅サービスを利用する場合は、「介護サービス計画(ケアプラン)」を作成し、それに基づき、利用します。
  ●施設サービスを利用する場合は、施設に直接、申し込みをします。
  ●介護保険サービスの利用者負担額は、原則として1割負担です。
 
  要介護認定の申請に対し、認定調査員が家庭などを訪問し、一次判定・二次判定を経て認定されます。
  その結果介護を受けられる場合は、「要支援」「要介護1~5」いずれかの認定を受けることになります。
  2003年4月時点の要介護認定者数は全国で約298万人、要支援認定者は約50万人となっています。

 要介護・要支援度 高齢者の状態 (あくまでも目安です。)
  要支援1 要介護状態とは認められないが,社会的支援を要する 
  要支援2 要支援1からわずかに劣り,社会的支援を要する
  要介護1 生活の一部について部分的介護を要する 
  要介護2 中程度の介護を必要とする
  要介護3 重度の介護を必要とする
  要介護4 最重度の介護を必要とする
  要介護5 過酷な介護を必要とする
 
用語の説明
 【ケアプラン】 
  要介護者・要支援者の心身の状況、その置かれている環境、本人・家族の希望などを勘案し、どのような
 介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを書面にまとめたものです。ケアプランはサービスを受ける前に作成します。
 ケアプランを作成しないでサービスを受けることもできますが、サービス料金をいったん全額を立て替えなくてはならなくなります
 (後日、介護保険から払い戻しを受ける)。ケアプランはケアマネジャーに作成を依頼することができます。
 【要支援者】
  次のいずれかに該当する者をいう。
 1. 要介護状態となるおそれがある状態にある65歳以上の者
 2. 要介護状態となるおそれがある状態にある40歳以上65歳未満の者であって、
    その要介護状態の原因である身体上または精神上の障害が特定疾病によって生じたものであるもの。

新しい書込をする
※新たなテーマの質問・疑問の投稿は左側のボタンよりお願いします!
既に投稿されている内容への返信は各投稿内容に付いている「返信」ボタンから行って下さい。

 No:  タイトル:
1970-01-01 09:00
 
お名前:
削除 編集 返信