≫ Q  公正証書は、本人でなければ作成の手続きをしてもらえませんか?

A  遺言以外の公正証書は、本人の委任状を持った代理人でも手続きできます。

    ただし、原則として双方の代理を一人で行うことはできません

意見を見る・書込む
≫ Q  公正証書を作成するにはどんな資料を準備しておく必要がありますか?

A  証書の内容にしようとする契約文書のほかに、その当事者を確認する資料が必要です。

  その資料は、当事者本人が手続きする場合と代理人が手続きする場合、当事者が個人の場合と

  当事者が法人の場合で異なりますので、それぞれの場合に分けてご説明します。

  印鑑証明書又は商業登記簿謄本若しくは資格証明書が必要な場合には、これらの書類の作成後

  3か月以内のものに限ります。なお、詳細は各公証役場におたずね下さい。

  ○  当事者本人が役場に来られる場合
   ・当事者が個人の場合
    ①運転免許証と認印
    ②パスポートと認印
    ③住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印
    ④印鑑証明書と実印
    ①②③④のうちのいずれかをお持ち下さい。

   ・当事者が法人の場合
    ①代表者の資格証明書と代表者印及びその印鑑証明書
    ②法人の登記簿謄本と代表者印及びその印鑑証明書
    ①②のうちのいずれかをお持ち下さい。

  ○  代理人が役場に来られる場合
    ①  本人作成の委任状
       委任状には本人の実印(法人の場合は代表者印)を押します。

       委任状には、契約内容が記載されていることが必要です。

       委任内容が別の書面に記載されているときは、その書面を添付して契印します。
 
      
       白紙委任状は認められません。
 
    ②  本人の印鑑証明書
       委任状に押された印が実印であるかを示すものです。

       なお、法人の場合は、代表者の資格証明書か法人の登記簿謄本を添えます。

    ③  代理人は、代理人自身の
      ⅰ運転免許証と認印
      ⅱパスポートと認印
      ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印
      ⅳ印鑑証明書と実印
      ⅰⅱⅲⅳのうちのいずれか。
      ①②③のすべてをお持ち下さい。

 


 


意見を見る・書込む
≫ Q  遺言公正証書を作成するにはどんな資料が必要ですか?
 ①  遺言者本人の印鑑証明書
 ②  遺言者と相続人との続柄がわかる戸籍謄本
 ③  財産を相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
 ④  遺産に不動産が含まれる場合には、登記簿謄本及び固定資産の評価証明など。
 なお、遺言公正証書は、遺言者が本人の自由意思に基づいてするものですから、
 代理人によってすることはできません。
 また、証人2人の立会いが必要です。
 推定相続人、受遺者とそれぞれの配偶者など一定範囲の利害関係人や未成年者は証人
 になれません。
適当な証人がいないときは、公証役場に相談してください。
 証人は認印を持参してください。
意見を見る・書込む
≫ Q  会社の定款の認証を受けるにはどんな資料が必要ですか?

 設立者全員が公証役場に来られる場合
 ①認証を受ける定款3通
 ②設立者全員の印鑑証明書
  設立者が法人の場合は代表者の印鑑証明書とその会社の登記簿謄本
①②のすべてをお持ち下さい。
 代理人が公証役場に来られる場合
①認証を受ける定款3通
②設立者全員の印鑑証明書
 設立者が法人の場合は代表者の印鑑証明書とその会社の登記簿謄本
③本人から代理人への委任状
 本人の実印(法人の場合は代表者印)を押捺したもの
④代理人は、代理人自身の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
ⅰⅱⅲⅳのうちのいずれか。
②③のすべてをお持ち下さい。
意見を見る・書込む
≫ Q  私署証書の認証を受けるにはどんな資料が必要ですか?

 署名者本人が役場に来られる場合
(1 ) 署名者が個人の場合
①認証を受ける書面1通
②署名者本人の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
ⅰⅱⅲⅳうちのいずれか。
①②のすべてをお持ち下さい。
(2 ) 署名者が法人の代表者で、署名にその肩書が付されている場合
①認証を受ける書面1通
②署名者本人の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
 ⅴ代表者の印鑑証明書とその代表者印
ⅰⅱⅲⅳⅴのうちのいずれか。
③署名者の肩書を証明する資料
 法人の登記簿謄本(資格証明書でもよい)
①②③のすべてをお持ち下さい。
(3
) 署名者が法人の代表者でなく、「・・部長」「・・課長」などで、署名にその肩書が
 付されている場合(2)の①、②、③に加えて、署名者についての役職証明書
 (代表者が作成し、代表者印を押印したもので、
これに代表者の印鑑証明書を添付する。)
 代理人が公証役場に来られる場合
(1 ) 署名者が個人の場合
①認証を受ける書面1通
②署名者本人から代理人への委任状
 本人の実印を押捺したもの
③署名者本人の印鑑証明書
④代理人は、代理人自身の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
 ⅰⅱⅲⅳのうちのいずれか。
①②③④のすべてをお持ち下さい。
(2 ) 署名者が法人の代表者で、署名にその肩書が付されている場合
①認証を受ける書面1通
②署名者の肩書を証明する資料
 法人の登記簿謄本(資格証明書でもよい)
③署名者本人から代理人への委任状(代表者印を押捺したもの)
④代表者印の印鑑証明書
⑤代理人は、代理人自身の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
 ⅰⅱⅲⅳのうちのいずれか。
①②③④のすべてをお持ち下さい。
(3 ) 署名者が法人の代表者でなく、署名に「・・部長」「・・課長」など役職名が肩書き
 として付されている場合
①認証を受ける書面1通
②登記簿謄本(資格証明書でもよい)
③役職証明書
 (代表者が作成し、代表者印を押印したもので、これに代表者印の印鑑証明書を添付する。)
④署名者本人から代理人への委任状
 (原則として本人の実印を押捺したもの。詳しくは各公証役場へお尋ね下さい。)
⑤署名者本人の印鑑証明書
⑥代理人は、代理人自身の
 ⅰ運転免許証
 ⅱパスポート
 ⅲ住民基本台帳カード(顔写真付き)
 ⅳ印鑑証明書と実印
 ⅰⅱⅲⅳのうちのいずれか。
①②③④⑤⑥のすべてをお持ち下さい。
意見を見る・書込む
■ 1~5件 全21件中