≫ Q1 一般社団法人とは,何ですか。
A1 一般社団法人とは,「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)」
   に基づいて設立された
社団法人のことをいいます。 
   一般社団法人は,設立の登記をすることによって成立する法人です。
意見を見る・書込む
≫ Q2 一般社団法人を設立する方法を簡単に説明して下さい。
A2 一般社団法人を設立する際の手続の流れは,次のとおりです。
 
   なお,(1)及び(2)は設立時社員(法人成立後最初の社員となる者2名以上)が行います。
 
  (1) 定款を作成し,公証人の認証を受ける。
  (2) 設立時理事(設立時監事や設立時会計監査人を置く場合は,これらの者も)の選任を行う。
  (3) 設立時理事(設立時監事が置かれている場合は,その者も)が,設立手続の調査を行う。
  (4) 法人を代表すべき者(設立時理事又は設立時代表理事)が,法定の期限内に,主たる事務所の
     所在地を管轄する法務局
又は地方法務局に設立の登記の申請を行う。
意見を見る・書込む
≫ Q3 一般社団法人の社員は,何名必要ですか。
A3 設立に当たっては,2人以上の社員が必要です。
 
   設立後に社員が1人だけになっても,その一般社団法人は解散しませんが,社員が欠けた場合
   (0人となった場合)には,解散することになります。
意見を見る・書込む
≫ Q4 法人が一般社団法人の社員になることはできますか。
A4 一般社団法人の社員には,法人もなることができます。
意見を見る・書込む
≫ Q5 一般社団法人の定款には,どのようなことを記載(記録)しなければならないのですか。
A5 一般社団法人の定款には,次の(1)から(7)までに掲げる事項を記載(記録)
   しなければならないこととされています。
 
(1) 目的
(2) 名称
(3) 主たる事務所の所在地
(4) 設立時社員の氏名又は名称及び住所
(5) 社員の資格の得喪に関する規定
(6) 公告方法
(7) 事業年度
   なお,監事,理事会又は会計監査人を置く場合にも,その旨の定款の定めが必要になります。
意見を見る・書込む
■ 1~5件 全27件中