≫ 産業廃棄物って、具体的にはどんなものなの?
具体的な種類は、次のようになります。 

産業廃棄物の種類  種類 具体的な例
(1) 燃え殻
石炭がら、コークス灰、重油灰、廃活性炭(不純物が混在すること等により泥状のものは汚泥)
産業廃棄物の焼却残灰・炉内掃出物
(集じん装置に補足されたものは、(19)ばいじんとして扱う。)

(2) 汚泥
工場廃水等処理汚泥、各種製造業の製造工程で生じる泥状物、ベントナイト汚泥等の建設汚泥、生コン残さ、下水道汚泥、浄水場汚泥 

(3) 廃油
廃潤滑油、廃洗浄油、廃切削油、廃燃料油、廃食用油、廃溶剤(シンナー、アルコール類)、タールピッチ類 

(4) 廃酸
廃硫酸、廃塩酸、廃硝酸、廃クロム酸、廃塩化鉄、廃有機酸、写真定着廃液、酸洗浄工程その他の酸性廃液 

(5) 廃アルカリ
廃ソーダ液、写真現像廃液、アルカリ洗浄工程その他のアルカリ性廃液 

(6) 廃プラスチック類
合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくずなど、固形状及び液状のすべての合成高分子系化合物、廃タイヤ(合成ゴム)、廃イオン交換樹脂なども該当する。 

(7) ※紙くず
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、パルプ、紙又は紙加工品の製造業、新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を行うものに限る。)、出版業(印刷出版を行うものに限る)、製本業、印刷物加工業に係るものPCBが塗布され又は染み込んだもの(全業種) 

(8) ※木くず
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、木材又は木製品製造業(家具製造業を含む。)パルプ製造業及び輸入木材卸売業に係るものPCBが染み込んだもの(全業種) 

(9) ※繊維くず
建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)、繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く。)
PCBが染み込んだもの(全業種) 


(10) ※動植物性残さ
(食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業)原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物-醸造かす、発酵かす、ぬか、ふすま、パンくず、おから、コーヒーかす、ハムくず、その他の製造くず、原料かす(なお、卸小売業、飲食店等から排出される動植物性の固形状不要物、厨芥類は、事業系一般廃棄物となる。) 

(11)※ 動物系固形不要物
と畜場において屠殺し、又は解体した獣畜及び食鳥処理場において処理をした食鳥に係る固形状不要物 

(12) ゴムくず
天然ゴムくず  注:合成ゴムくずは(6)廃プラスチック類となります 

(13) 金属くず
切削くず、研磨くず、空缶、スクラップ 

(14) ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
ガラスくず、耐火レンガくず、陶磁器くず、セメント製造くず 

(15) 鉱さい
高炉、転炉、電気炉等のスラグ、キューポラのノロ、鋳物廃砂、不良鉱石 

(16) 工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物
注:「がれき類」と略称される場合が多いです。
コンクリート破片(セメント、アスファルト)、レンガの破片、かわら片などの不燃物

(17) ※動物のふん尿
畜産農業に係るもの

(18) ※動物の死体
畜産農業に係るもの

(19) ばいじん(ダスト類)
(大気汚染防止法に規定するばい煙発生施設、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ廃プラスチック類の焼却施設)において発生するばいじんであって集じん施設(乾式、湿式)によって捕捉したもの 

(20) 処分するために処理したもの (政令第2条第13号廃棄物)
(1)~(19)に掲げる産業廃棄物又は輸入された廃棄物のうち航行廃棄物及び携帯廃棄物を除いたものを処分するために処理したものであって、これらの産業廃棄物に該当しないもの-コンクリート固形化物など     

  ※は、具体的な例の欄の業種の事業所から排出されるものに限定されます。
意見を見る・書込む
≫ 「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の違いは何?

昨日紹介した、「産業廃棄物」とは、主に事業活動によって生じた廃棄物になります。
そして「産業廃棄物」とは、法律で定められている20種類しかありませんので、昨日の内容が理解できれば、もう十分です。

産業廃棄物指定20種類以外は、「一般廃棄物」と割り切ることができるからです。

 
では、「一般廃棄物」と「産業廃棄物」の最も大きな違いは何でしょうか?
それは、誰の責任でその「ごみ」を処理するのか、ということになります。
 
結論を先に言うと、「一般廃棄物」は市町村、「産業廃棄物」はそれを排出した事業者に、それぞれの「ごみ」を処理する義務があります。
 
私たちの家から出るごみは、市町村のごみ収集車が持っていってくれますよね。
それは、私たちが「ごみ処理」のために、市町村に税金を払っているからなんです。
 
「『産業廃棄物』の場合は排出事業者に処理責任がある」とご説明しましたが、世の中全ての排出事業者が、自分で出した「産業廃棄物」を自分だけの力で処理できるでしょうか?
 
それは無理というものです。
そこで「廃棄物処理法」では、 「自分で処理しきれない産業廃棄物については、『産業廃棄物処理業』の許可業者に処理をお願いしなさい(法第12条第3項)」と決めています。
 
もし、ここで排出事業者が、正規の産業廃棄物処理業者以外に、産業廃棄物の処理をお願いすると、「廃棄物処理法」で最も重い罰則が科せられます。 
なんと、「5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金(法第25条第4号)」です。
 
このように、産業廃棄物というものは、単純そうで奥が深く、難解そうだがよく勉強すると分かる、という世界です。
そして、知識があるのとないのとでは、その後のビジネスの展開が大きく違ってくる世界でもあります。
 
 ※ここで言う「廃棄物処理法」は、正式には「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」です。
 
 
意見を見る・書込む
≫ これって産業廃棄物?(一問一答)
Q:山を切土して発生した土は?
A:土は自然物なので、廃棄物にはあたりません。
 
Q:浚渫土は?
A:土ですので、廃棄物にはあたりません。ただし、「廃油」などの他の産業廃棄物が混入している場合は、産業廃棄物になります。
 
Q:グリ石は?
A:石も自然物なので、廃棄物にはあたりません。
 
Q:ガスは?
A:ガスは気体なので、廃棄物にはあたりません。
 
Q:放射性廃棄物は?
A:民間レベルで処理できるものではありませんので、「廃棄物処理法」上の廃棄物にはあたりません。
 
Q: 牛の糞を肥料として売りたいんだけど、この場合でも「産業廃棄物」になるの?
A:
相手に売る場合は、「廃棄物」ではなく「有価物(ゆうかぶつ)」になりますので、「産業廃棄物」にはあたりません。
 
  ただし、運搬費等を別途相手から要求され、結局、売却によって得られる金額以上にお金を支払う場合には
 「産業廃棄物」になりますので、「産業廃棄物処理業」の許可を持った相手でないと、牛の糞を引き渡すことはできません。
  具体的には、このような計算になります。
 
  Aさん 牛糞を5000円で売却   ←  Bさん 牛糞を5000円で購入・・・・・・・・・・牛糞は「有価物」になります。
 (Aさんの手元には5000円が残る
 
  Aさん 牛糞を5000円で売却   ←  Bさん 牛糞を5000円で購入
  Aさん 運搬費として1万円支払う ⇒  Bさん 運搬費として1万円を要求・・・・・・・牛糞は「産業廃棄物」となります。
 (Aさんの手元にはお金が残らない)   
意見を見る・書込む
≫ Q:病院から出た「ごみ」は「産業廃棄物」のどれに当てはまるの?
実は、病院から出た廃棄物で感染性のあるものは、「特別管理産業廃棄物」と呼ばれます。
 「特別管理産業廃棄物」の具体的な内訳は、下記のとおりです。
 「特別管理産業廃棄物」は、「産業廃棄物」以上の、特に厳格な対応が求められますので、取扱には注意が必要です。
 
 特に、感染性廃棄物の場合は、密閉容器による収集運搬が必要となります。
 
         記 
 
特別管理産業廃棄物の種類
種 類 内 容
(1) 廃油
  揮発油類,灯油類,軽油類(引火点70゜C未満の燃焼しやすいもの。ただし、難燃性のタールピッチ類等を除く)
(2) 廃酸
  著しい腐食性を有するもの(pH2.0以下のもの)
(3) 廃アルカリ
  著しい腐食性を有するもの(pH12.5以上のもの)
(4) 感染性産業廃棄物(※1)
   医療機関,試験研究機関等から医療行為,研究活動等に伴い発生した産業廃棄物のうち,
  排出後に人に感染性を生じさせるおそれのある病原微生物が含まれ,若しくは付着し,又はそのおそれのあるもの
(5) 特定有害産業廃棄物
  ①廃PCB等
    廃PCB(原液)及びPCBを含む廃油
  ②PCB汚染物
   1.PCBが塗布された紙くず
   2.PCBが染み込んだ汚泥,紙くず,木くず,繊維くず
   3.PCBが付着し又は封入された廃プラスチック類,金属くず,陶磁器くず,がれき類
  ③PCB処理物
   廃PCB等又はPCB汚染物の処理物で一定濃度以上含むもの(※2)
  ④指定下水汚泥
   下水道法施行令第13条の4の規定により指定された汚泥(※2)
  ⑤鉱さい
   重金属等を一定濃度以上含むもの(※2)
  ⑥廃石綿等
   1.建築物から除去した,飛散性の吹き付け石綿,石綿含有保温材及びその除去工事に用いられ,廃棄されたプラスチックシートなど
   2.大気汚染防止法の,特定粉じん発生施設において生じたものであって,集じん装置で集められた飛散性の石綿など
  ⑦ばいじん又は燃え殻(※1)
   重金属等及びダイオキシン類を一定濃度以上含むもの(※2)
  ⑧廃油(※1)
   有機塩素化合物等を含むもの(※2)
  ⑨汚泥、廃酸又は廃アルカリ(※1)
   重金属、有機塩素化合物、PCB、農薬、セレン、ダイオキシン類等を一定濃度以上含むもの(※2)
      (参照:廃棄物処理法施行令第1条、第2条の4)
   
(備考)上記の廃棄物を処分するために処理したものも特別管理廃棄物の対象
 ※1 排出元の施設限定あり
 ※2 廃棄物処理法施行規則及び金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令(判定基準省令) に定める基準を参照してください。

意見を見る・書込む
≫ Q:産業廃棄物処理業って何?

他人からお金をもらって、他人の産業廃棄物を運んだり(収集運搬業)そのままでは有害な産業廃棄物を、無害化したり(中間処理業、最終処分業)する資格のことです。産業廃棄物処理業の資格が無い人が、他人の産業廃棄物を処理することは、犯罪となりますので、産業廃棄物処理業の許可を持っているということは、処理能力、業務体制、事業の継続性などを行政が認めてくれたことになります。
公共的な機関を除いて、独占的に産業廃棄物を処理する権限を認められた資格とも言えます。廃棄物処理法では、産業廃棄物処理業とは、次の2種類の事業であるとしています。

 1.
産業廃棄物収集運搬業
 2.産業廃棄物処分業      

この2つを総称して、「産業廃棄物処理業」と言っている訳です。
なお、「収集運搬業」と「処分業」のそれぞれに、「産業廃棄物収集運搬業」と「特別管理産業廃棄物収集運搬業」、「産業廃棄物処分業」と「特別管理産業廃棄物処分業」の2種類があります。
「産業廃棄物収集運搬業」の許可では、「産業廃棄物」しか収集運搬できず、「特別管理産業廃棄物」の運搬はできません。逆に、「特別管理産業廃棄物収集運搬業」の許可では、「産業廃棄物」の収集運搬ができませんので、ご注意ください。
産業廃棄物処理業の許可は、5年間有効です。
引き続き事業をしたい場合は、許可期限満了日の約2~3ヶ月前に、「更新許可」申請をすると良いでしょう。

意見を見る・書込む
■ 1~5件 全20件中