≫ なぜ古物商がこんなに流行っているのですか?
A.バブルの頃まで我々日本人は大量生産・大量消費を良しとする傾向にありました。
 しかし長引く不況と地球環境への意識の高まりから、「物を大切にする」という
 感覚が徐々に芽生え初め、今では若者を中心に古着がブームになるなど「中古品
 のカッコ良さ」を自然に受け入れる人が増えています。
 現在の市場規模は3千億円、リサイクルビジネスはこれからも成長する市場だと
 言われています。
 また、総体的に粗利益率が高いところもリサイクルビジネスの人気の秘密と言え
 るでしょう。 
意見を見る・書込む
≫ Q.古物商を始めるには必ず許可が必要ですか?
A.はい、必ず古物商許可が必要となります。
 盗品の流出を防ぐことを主な目的に、法律で定められています。
 無許可で古物を販売した場合は、
当然罰せられます。
意見を見る・書込む
≫ Q. 古物商になるための試験はありますか?

A. いいえ、ありません。
  現在はまだ試験なしで取得できる許可の一つです。

意見を見る・書込む
≫ Q.フリーマーケットに出店したいのですが、許可はいりますか?

A.自宅で不要になった品を売るだけであれば、許可は必要ありません
  しかし、仕入れを行って利益を出す目的で出店を出すとなると、
  古物を扱う営業を行っているとして、許可が必要になることがあります。

意見を見る・書込む
≫ Q. 銅・鉄・アルミニウムなどの金属を売買したいのですが?

A. 銅・鉄・アルミニウムなどの金属の古物を売買する場合は、
  福島県は古物商の許可です。
  しかし、県条例で金属くず商許可が必要となる県が
  ありますのでご注意ください。

意見を見る・書込む
■ 1~5件 全12件中