≫ 県北農林事務所から、顛末書3回訂正のありがたいご教示!!その4
その3で「こんなもんで良いんです」と言い切った理由です。
根拠はすべて法律の条文に書いてあります。
 
 
すべての根拠は法律で運用されているわけですから、勝手に解釈してはいけません。
では、農地転用の根拠法律はなんでしょうか?
誰もが知ってる「農地法」です。
今回の事例「住宅敷地」や、「駐車場」の目的で売買したい。
これは、農地法の5条に書いてあります。
 
 
それでは、本文を全部もれなくお読みください。
 
農地法本文
(農地又は採草放牧地の転用のための権利移動の制限)
第五条   農地を農地以外のものにするため又は採草放牧地を採草放牧地以外のもの(農地を除く。次項及び第四項において同じ。)にするため、
これらの土地について第三条第一項本文に掲げる権利を設定し、又は移転する場合には、当事者が都道府県知事等の許可を受けなければならない。
ここには、都道府県知事の許可を受けなればならない。
 
としか書いていません。
 
 
今回私が言っている根拠はここにはありません。
それでは、どこに書いてあるのか、(もったいぶってすみません)
 
農地法施行規則の4条に書いてあります。
これも全部もれなくお読みください。
 
 
農地を転用するための許可申請)
第4条    令第1条の7第1項 の規定により申請書を提出する場合には、次に掲げる書類を添付しなければならない。
(1)   申請者が法人である場合には、法人の登記事項証明書及び定款又は寄附行為の写
(2)   土地の位置を示す地図及び土地の登記事項証明書
(3)   申請に係る土地に設置しようとする建物その他の施設及びこれらの施設を利用するために必要な道路、
    用排水施設その他の施設の位置を明らかにした図面
(4)   次条第5号の資金計画に基づいて事業を実施するために必要な資力及び信用があることを証する書面
(5)   申請に係る農地を転用する行為の妨げとなる権利を有する者がある場合には、その同意があつたことを証する書面
(6)   申請に係る農地が土地改良区の地区内にある場合には、当該土地改良区の意見書(意見を求めた日から30日を経過しても
    なおその意見を得られない場合には、その事由を記載した書面)
(7)   その他参考となるべき書類
 
さあ、どうですか、何かお気づきでありませんか?
 
「顛末書」なんて一言も書いてないのです。
 
 
でも、お役人様お頭がよろしいですから、
 
私:「顛末書一言も書いてないんですけど」
なんて言うと、たぶんこう返してきます。

お役人様:「(7)その他参考となるべき書類」だよ。それぐらい行政書士なのにわからないのかい?」
とね。「あちゃ~」なんてことになる。
でも、なんかおかしい。
 
 
私:「お役人様、農地法作ったときに違法転用を想定して作ったのですか?」
 
お役人様:「絶対にそんなことはない」(こう答えるしかないのです。)
 
 
私:「ですよね~。はじめからそれを想定すると違法転用先にやっても良いこと認めてことになりますもの。それぐらい私だってわかるんですよ。」
と言うことは、
「(7)その他参考になるべき書類」には、顛末書は含まないってことになりませんか?
 
 
お役人様:「・・・・(シカトです。)」(私農水省にメールで紹介しました。顛末書って法律上の書類ですか?それとも行政指導の書類ですか?)
※6月末にメールしましたけど、未だに回答がありません。
 
だから、それを盾にとって「許可しませんよ。」なんて言えないのです。
だって、法律に書いてないんですから。
 
 
但し、違法なのは確かなので、すんなり許可するわけに行かないから、後日のために一筆反省文を書いてもらうってことなんです。
だから、「こんなもんで良いのです。」
おわかり頂いたでしょうか。
次回は、「こんなもんで良いもの」をこのお役人様は私にどの様な対応をしてきたか?
この有り難きお仕打ちをご紹介しますよ。では又次回に・・
■ 265~265件 全265件中