≫ 土地登記事項証明書(その2)

最強書類作成人の武田ヒョウイチです。


土地登記事項証明書(その1)

の続きです。


●個人情報公開の理由


土地登記事項証明書は個人情報の固まりです。グー


なのになぜ、

公開されているかはてなマーク



それは、土地だけでなく建物を含め不動産と言います。

不動産は、一般的な物に比べて値段はめっちゃ高いです。


例えば一般的な物としてテレビや冷蔵庫があります。

この値段は、せいぜい、二~三十万です。


これに対して不動産は、

数千万円、場合によっては数十億円なんてこともあります。


物の価値が一般的な物に比べてスゴイ高価なわけです。

特に土地は、この世に1つしかありません。


これを売買することになった場合、


売り手が本当の所有者かどうかはてなマーク


確実に誰の持ち物かはてなマーク


確かめるものがないと

あぶなくて取引できません。


●登記は「取引の安全」のためにするもの


このように、不動産のように高価なもので

国民が頻繁に取引するものは、


国の帳簿に明記して、そこに書かれている人が

真実の所有者だと法に定めています。


これを「登記」と言います。


登記は国民の「取引の安全」を確保することが

大きな役割です。


これがないと、世の中には悪い人も

いっぱい居ますから


欺される人続出なんてことになり

警察総動員、日本国中訴訟だらけに

なってしまいます。


●取引の安全が個人情報に優先する。


そこで、「個人情報」と「取引の安全」を

天秤に掛けた場合どっちを優先するかはてなマーク


国の結論は「取引の安全が優先する。」です。ビックリマーク


だから個人情報が公開されているわけです。


ちなみに、この個人情報は、

法務局というお役所で誰でも

1箇所千円で入手できます。グッド!