≫ 無料相談会で気をつけていること。【挨拶編】

無料相談会で気をつけていること。【挨拶編】


毎年私は、行政書士会の無料相談会に年に数回参加します。

参加するときに気をつけていることが、いくつかあります。


その一つが、最初の挨拶です。


相談者は、この行政書士って、

どんな人。信頼できる人。相談して大丈夫?


多少緊張して、対面します。

その緊張をほぐすのが挨拶です。


必ず、こちらからご挨拶します。

話し始めのきっかっけです。


最初に名前です

(自分が何者であるか、名乗ることで相談者に安心感を与えます。)


「行政書士のタケダヒョウイチです。」

「よろしくお願いします。」


次に、相談者と共通な話題を話します。


共通の話題は、相談者との距離を一気に縮めます。

これが、その後の会話をスムーズにします。


具体的には、


【その日の天候】

今日は寒いですね。

雪が降って大変でしたね。

風強くなかったですか?


【どこから来たのか?】

市内の○○からですか?

△△ですか?遠くからお出でになったのですね?


【交通情報】

道路、混んでませんでしたか?

ここの会場、すぐにわかりましたか?

何でいらっしゃったんですか?車ですか?


【身近な話題】

昨日、地震あったでしょう?ずいぶん揺れましたね。

昨日、◎◎で強盗事件あって1億円取られたんですってね。

マスクしてますけど、風邪ですか?花粉ですか?




相談者が、話しやすい質問を投げかけます。


答えが帰ってくれば、会話が成立しまた。


打ち解けたところで、


「ところで、今日はどの様なご相談でいらっしゃいましたか?」

となれば、あとは、相談の会話と成ります。


何事も、「つ・か・み」が大切です。