ここ数日、産経新聞が、河野談話の根拠となった調査が、いい加減な調査だったと言う記事を掲載した。
 
もともと、従軍慰安婦は、売春婦だと言うことは誰もが認める事実です。
この名称はどうあれ、第2次大戦中各国の軍隊にはつきものだった。
 
それでは何が問題かと言えば、強制連行して売春させたのかどうか?
この1点につきるのです。
 
歴史資料では、この強制連行の事実は見つかっていません。
確認できる資料は、新聞で募集したり、現地の韓国人を仲介して
集めたと記録があります。
 
当時、韓国は貧しい国だったのです。
日本軍相手じゃなくても生活のために、女性は売春をした。
現在でも、世界中にる売春婦の数は、韓国が№1です。
国連から指摘されているくらいですかね。
 
それだけじゃ、ありません。
人身売買も平気で行われていた。
そのために人さらいも横行した。
 
だから、北朝鮮が他国から拉致することを平気でやるんです。
 
話はそれましたが、慰安婦の売春の対価は、当時の日本兵の給料の10倍近い報酬が
あったと記録もあります。
だから、喜んで慰安婦になった女性がいたそうです。
 
終戦当時、戦後補償の中に慰安婦問題はありませんでした。
それはなぜか?韓国自体が問題と、とらえていなかったからです。
 
なのに、なぜ時がすぎてから問題となったのか?
知る人ぞ知る、旧日本兵の吉田某が、ありもしない強制連行を
吹聴した。そこに朝日新聞が載っかって特集したことから始まりました。
 
この吉田某が、吹聴した事実を韓国に行って検証した方がいます。
その結果、吉田某が、内容はことごとく嘘で取材もしていないことが
ばれました。(後日、吉田某事態も認めることとなりました。)
 
 
ところが朝日新聞は、今もって謝罪文も載せず相変わらず嘘を報道し続けているのです。
朝日新聞は、日本をおとしめることが正義を思っているようです。残念ですね。
 
韓国は、この嘘ネタ元を利用して、反日運動に利用して、戦後賠償と、日本の国際的評価を落とそうとしています。
テレビで、元慰安婦が証言してますが、あれは韓国のやらせです。
 嘘の証言しないと、あの国では生きていけません。(証言は、その都度違うことで有名です。)
 
まあ、この国はしつこいです。嘘も100回言うと本当になると言う国です。
隣の国同士ですが、韓国は全く考え方が違う国です。
 
 
日本の感覚で考えて、仲良くしましょうは、通用しません。
なにせ、今後1,000年は、日本を恨み続けると朴大統領も言ってますしね。
■ 1~1件 全43件中